Menu

金のお手入れの方法を紹介しましょう

あなたの大事な金は、どのような方法でお手入れすればいいか理解出来ていらっしゃるでしょうか。

金買取をして欲しいという時にも、傷だらけで高い買取価格がつかなくなってしまうこともあるでしょう。

金はどのようにお手入れすればいいか

金にはいろいろな種類があります。金の種類によって、お手入れの方法も多少違ってくるので注意してください。

24金は純度が99.99%以上の金のことを指します。そのようなゴールドは、非常にやわらかく、傷がつきやすい特徴があります。

特にやさしくという意識をもってお手入れするよう心掛けてください。

ゴールドのいろいろな種類のお手入れの方法

更に、 18金のゴールドのお手入れです。18金は柔らかい歯ブラシ程度を意識するといいでしょう。逆に、 18金は純金と比較して強いからゴシゴシお手入れして大丈夫と思わないでください。

お手入れをしているつもりで、金をキズつけてしまっていることも充分考える必要があります。

10金は金が約42%のゴールドです。10金に対してのお手入れの方法も18金と同じ程度という考えでいいでしょう。

10金に対しても、 強くこすったり拭いたりすると簡単にキズをつけてしまうことがありますので注意が必要です。

ゴールドというものは

みなさんはゴールドに対して、どのような認識の仕方をしていらっしゃるでしょうか。何よりも美しいのは、ゴールドと思っている人たちもいるでしょう。

そのような輝きを永遠のものにするためにも、私達は、しっかりゴールドのお手入れと向きあう必要があります。

ゴールドのお手入れは、比較的扱いやすい素材とも言われています。ただし、金のお手入れに対して、絶対にやってはいけないルールも存在しているで、このあたりのことを徹底するようにしてください。

ゴールドのお手入れでは、強い力で拭いたり、研磨剤入りのクリーナーなどを使ったりするお手入れはどのような金の種類に対してもNGです。

金は意外と強い素材という認識の仕方をしている人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。そのような誤解は訂正して、いつもゴールドのお手入れには丁寧に丁寧にという意識を持って向きあうようにしましょう。

金は、アクセサリーとしても有効的ですが、金を長く美しさを持続させるためには、温泉や海水浴などの際には金のアクセサリーを使用しない……程度のゴールドに対しての敬意も必要ではないでしょうか。