Menu

母の日Mothers’ Dayプレゼントもらう人あげる人

母の日Mothers’ Dayのプレゼント、そこにはもらう人、あげる人の両者の立場があります。

毎年、毎年カーネーションのお花では、ちょっと母の日Mothers’ Dayも色あせた感じに見えてしまうのではないでしょうか。母の日Mothers’ Dayにはもうちょっとアイデアが必要なのではないでしょうか。

母の日Mothers’ Day

母の日Mothers’ Dayは、毎年5月の第2日曜日という取り決めがあります。アメリカは、日本と同じ毎年5月の第2日曜日に母の日Mothers’ Dayをしていますが、世界じゅう母の日Mothers’ Dayは同じということではありません。スペインでは5月の第1日曜日、北欧スウェーデンでは5月の最終日曜日が母の日Mothers’ Dayです。

何月・何日と決まっているイベントではないからつい忘れてしまったという人たちもいるかもしれないですよね。

母の日Mothers’ Dayどうしていらっしゃるでしょうか

今年、みなさんは、【】母の日Mothers’ Day】どうするつもりでしょうか。

母の日Mothers’ Dayのプレゼントには、いろいろなアイデアがあります。 毎年カーネーションという方々も、実際にいるでしょう。それでもお母さんは喜んでくれるはずです。

カーネーションのお花は、まさに母の日Mothers’ Dayの定番アイテムであることは間違いありません。

更に、カーネーション+何か(食べ物や飲み物)という方々もいるでしょう。ネットリサーチすれば、いろいろなグルメも売られているので、買う人たちも楽しい気分になることが出来ますよね。

更に、お花はお花だけど、毎年違うお花を母の日Mothers’ Dayにプレゼントしているという人たちもいます。

そして、今年は、お花でなく食品や飲料という人たちもいるでしょう。

更に、母の日Mothers’ Day、プレゼントではなく、一緒に外食という方々もいます。旅行というのも母の日Mothers’ Dayのプレゼントとしていいかもしれませんが、なかなかここまでの大きな決断を出来る人もそれ程多くはないのかもしれません。

最近は、カーネーションのお花だけでなく、アジサイもとても人気なので、アジサイ、プラスαスィーツという方々も多いようです。

母の日Mothers’ Day、プレゼントを贈る人たちの本音

母の日Mothers’ Day、プレゼントを贈る人たちは、果たしてどんな本音なのでしょうか。

正直言って毎年毎年母の日Mothers’ Dayは来るものなので、面倒くさいという気持ちはあるようです。

特に、「義母」に対してプレゼントすることは尚更そう感じるようです。

逆に言えば、義母には特に母の日Mothers’ Dayのプレゼントは忘れてならないことです。

いつもお母さんに対して感謝は伝わっているかもしれませんが、なかなか義母に対してはそうはいかないでしょう。

だから、母の日Mothers’ Dayというものがあり、義母をしっかりプレゼントで繋げてくれているのかもしれません。

義母に対しては、やっぱりみなさん、「今年は面倒くさいからいいや」という気持ちで済ますことが出来ない義務感を感じているでしょう。ですから尚更面倒くさいと感じてしまうことになります。